ミナUO雑記帖

私、Wilhelmina(ウィルヘルミナ)のウルティマオンライン日記です。

http://blog-imgs-31.fc2.com/h/o/n/honeyb/banner_468x60.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Little Cafeにて

おひさしぶりでございます。
一年近くもの間、すっかりジョナサンに乗っ取られてましたね。
一時は死亡説も流れたり流れてなかったりしていたかもしれませんが、とりあえず生きてます。
主に酒場で。
今回は、私が店員をさせていただいてるLittle Cafeでの出来事。

M20080808_01.gif
















なんと、劇団チロルさんがゲリラ公演にいらしてくださったのでした!
わーいわーい。
最近すっかり酒場に引きこもっている身にとっては、非常にありがたい限りです。
しかも、「ブルーボアへようこそ」をLittle Cafeスペシャルバージョンでやってくださったのでした。
実はこの演目、私がはじめてチロルさんを存じ上げるきっかけになったもの。
以後、追いかけて何度か同じ演目を拝見させていただいたのですが、観る度にちょっとずつ進化していってる!
という驚愕の演目なのです。
今回も大変楽しませていただきました♪

M20080808_02.gif















そして、アンコールが何故かアメリカのテレビドラマみたいなことになってました。
数字がえらく中途半端でしたけども。

M20080808_03.gif















今回も大盛況。
前回公演「シンデレラ」もレポートこそしませんでしたが、きっちり観に行かせていただきましたことよ。
これからもいちファンとして応援してゆきたいと思います。
ありがとうございました。






そして更新が久しぶりすぎて、画像加工の仕方をすっかり忘れていたのは秘密です…。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/09(土) 16:11:24|
  2. 劇団チロルさん イベント|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

愛と正義と勇気の名のもとに 〔後編〕

このお話は〔前編〕より続いております。
差し支えなければそちらよりご覧いただければ幸いです。


私がお邪魔させていただいたのは、完全予約席の公演日。

20060513_13.gif

だからなのでしょうか?
この日は各席にひとつずつチロルさん特製ケーキが置かれていました。
嬉しいお土産(その場でお食べになってらっしゃった方もいらっしゃいましたが)を、ステージ上の指示に従ってバックパックへササッとしまいます。

20060513_14.gif

そして、ハッと気がつくと私このような席…。
Mottie殿Baiser dla mort(Baiser do demon)殿のど真ん中ではありませんか。
こ、これは…あれですね、馬に蹴られて死んだ方がいい位置ですね?
私ってば、ウッカリ&オッチョコチョイにも程があります。
席を替わったほうがよろしいんじゃないかと、ベゼ殿にそっとテレパシー(?)で申し上げてみましたところ…。

20060513_15.gif

えええええええ。
この後、私が劇場を出るまで常に左右に対して警戒を怠らなかったことは言うまでもございません。

20060513_16.gif

そして、前回公演「ももたろう」の時と同じく、抽選で一名に記念品の授与がありました。
この時、大当たりを引かれたのはVesper Party Clubさんの元締めことBunzo殿。
品物がどのようなものだったのか…ということも勿論気になりますが、とりあえずこの場で訊いておかねば…と思い、私は(失礼ながら座ったまま)質問をさせていただきました。

20060513_17.gif

すると、そのすぐ後に…。

20060513_18.gif

という、指定が。
いやいや、二文字は流石に厳しいんじゃございませんか?!
と、私あたりは思ったのですが…。

20060513_19.gif

この時、ステージ上で前説を担当していらっしゃったTakao殿はこのように仰いました。
”キモ”…なのか…。
中身がLiverの詰め合わせだったりしたら、ちょっとびっくりするかもしれませんね?
しかし、この時はBunzo殿もすぐに思いつかなかったらしくお答えが出ませんでしたので、公演が終わってから直撃インタビューさせていただきますと…。

20060513_20.gif

…との、ご感想でした。
実際に私も見せていただきましたが、両方の感想に納得の一品。
確かに、ChipStar団長のセンスが光っていらっしゃいましたよ!


そしてこの日、劇中では”タンス”が大道具として大活躍。
劇の内容も時間が短かった分、”ギュッ”と濃縮された面白さで大満足でした。
とても楽しかったです。
劇団チロルの皆様、おつかれさまでした!
次回公演を楽しみにしております。

[愛と正義と勇気の名のもとに 〔後編〕]の続きを読む
  1. 2006/05/18(木) 13:17:36|
  2. 劇団チロルさん イベント|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

愛と正義と勇気の名のもとに 〔前編〕

劇団チロルさんの公演「あかずきん」を拝見して参りました!
私がぐずぐずと「ももたろう」レポートを終わらせないでいる間に、もう次の公演…。
続きをお待ちの皆様には大変申し訳ございません。
今回はまだ公演が残っております(詳細は劇団チロルさんの公式サイトでご確認ください)ので「あかずきん」の内容には触れず、本当に個人的な目線で記事を書いて参りたいと思います。
…それでも結構な量だったりするんですが。




さて、この日の私はアンブラの自宅から走っていました。
吸血コウモリに喧嘩売られても、ぶっちぎりで走る!走る!
…何故って?「ももたろう」の時もそうだったんですが…リコールブロックで飛べなかったから。
そろそろ違う場所にマークしなおしたほうが良いかもしれません…。

20060513_02.gif

到着してみると、既に並んでいる方々が。
しかし、この時の回は完全予約制三十名限定(マシン環境や回線の弱い方々に配慮されたものと思われます)だったので、いつもより落ち着いた感じです。
そして、なにやら素敵なお家とお庭(?)が出現していました。

20060513_03.gif

この家は、なんと…”おばあさんのおうち”だそうです!
「あかずきん」のメイン舞台となる場所ですね。

20060513_04.gif

パブリックハウスだそうなので、遠慮なく中へお邪魔させていただくことに。
中には炎の灯った暖炉や素敵な鏡台、チェスト、ベッドなどが置かれていました。
ほんわか・のんびりとしたカントリー風です。

20060513_05.gif

この鏡台、いいなぁ…と無意識に引出しを開ける(ドラ○ンクエ○トの冒険者風)と、中には食べ物が入っていました。

20060513_06.gif

隣のチェストには「ももたろう」のパンフレットが!
なんと、あかずきんのおばあさんも観にゆかれていたのですね。

20060513_11.gif

ちなみに「あかずきん」鑑賞終了後、外に出てみると…おや?一箇所、お花がない?!
おまけに屋根の一部分、色がはげている…?と騒ぎになりました。
が、どうやらこれは見え方の問題で、ステップ部分を踏むと普通に見えるようになるそうです。

20060513_10.gif

また、今回こちらのおばあさんの家に寝泊りしているらしい(?)厩舎員の方は少しおしゃべりをしてくださいます。
試してみてくださいませね。

20060513_08.gif

そして、こちらのお庭。
たくさんの切り株にかこまれた森の中のキャンプ地、といった風情です。
ちなみにこの切り株は「座りたい」と祈りながらコンコンと二回叩くと切り株の妖精さんが座れるようにしてくださるとのこと。
(私が切り株の周りをウロチョロしている時に教えてくださった方、どうもありがとうございます。)
試されてみてはいかがでしょうか?
こちらのお写真で「おいしそう…」と呟かれている方がいらっしゃったので、私もつられてお鍋を除いてみると…。

20060513_09.gif

シチューでした。
う~ん、いいかおりだ。


写真の都合で時間が少し前後しましたが、開演前に話を戻しましょう。
この後、開場のお時間となり…順番に進んで行き、いざ自分の番となった時!

20060513_12.gif

私、お小遣いを忘れてきたことに気がつきました…。
エスコートのアルバイトとかで、ちょこちょこ小銭を稼いでいる筈なのに…こんな時に無いなんて!おかしい!
(…いや、おかしいのは私の頭です…。)
私が焦っていると、Mottie殿がチケット代を貸してくださいました。
ありがとう、Mottie殿…スイマセン…。
どっちがメインシャードの人間なんでしょうね、本当に。
(念のために申し上げておきますと、Mottie殿のメインシャードはMizuhoシャードです。)
色々な件で、しょっちゅう借金をしている気がしますが…気のせいということにしておいてください…。
公演終了後、ちゃんとお返し致しましたので。
ありがとうございます。ごめんなさい。


こんな感じで、劇場入りをさせていただいた私。
後編へ続きます。
  1. 2006/05/14(日) 11:33:42|
  2. 劇団チロルさん イベント|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

THE MOMOTAROH 〔10〕

このお話は〔1〕より続いております。
差し支えなければそちらよりご覧いただければ幸いです。


桃太郎さんがお一人で戻ってしまわれたことに対して、残された皆様は口々にコメントを。
「も~う桃ちゃんたら!」
「しょうがない人ですね」
「桃さん…」

と、そこへ桃太郎さんが戻っていらっしゃいました。

20060301_92.gif

「禁止はアンタだよ・・・」
などと話していらっしゃるところへ、歌声が響いてきました。
「ららら~~♪」
桃太郎さんの背後から、何故かのど飴のCMで御馴染みの曲を口ずさみつつ鬼さん登場。
「桃さん…」
「・・・・!!!」

ここで、犬さんや猿さんが鬼さんの存在に気がつきます。
「も・・・」
「はっ!!!変なの発見だっちゃ!!!」
「もも桃ちゃ・・・うしうしうし」
「うしろうしろ!」

そしてまた、鬼さんも桃太郎さんの存在を察知。

20060301_93.gif

「後ろって…」
「*ぶるぶる*」
「・・・・・・」
「あんただれだっちゃ☆彡」

ここでようやく桃太郎さんも後ろを振り返り、鬼さんの存在に気づきます。
「ひいいい!こわい!」
「ぎゃあああああああ!!!」
「ここでなにしてるっちゃ☆」
「ここはあたしたち、鬼の占有地ちゃ!」
「ムッキーマンG---!!!」
「お仕事だっちゃ~~~☆」


20060301_94.gif

そして出てきた青鬼さん(で、いいのかな)に脅かされまくりの桃太郎一行。
そして、なんと先頭に立って皆を率いてきた筈の桃太郎さんが逃げ出してしまいます!
「にげたっちゃ!!!」
「卑怯者っちゃーーーー」

「あ~~~っ逃げた!!」
「Uga?」
「桃さん…」
「ふぅ…」
「しかも予約席座ってるよ!」


20060301_95.gif

そう、舞台を逃げ出した桃太郎さんは観客席、それもちゃっかり予約席へ…。
(ちなみにこの位置、わたくしの膝の上だったりしました。
この後、犬さんの注意により桃太郎さんは空いていたお席へ移動なさいましたが。)
「予約。。。」
「そうですよ!」
「UgoGogo」

業を煮やした猿さん、ここは思い切った手に打って出ます。
「くっ・・・これじゃ話がおわんない!」
「観客のみなさん!桃ちゃんは調子にのりやすい男です!」


20060301_96.gif

(客席から他人事のように「がんばれー」とか仰っているのが桃太郎さんご本人です…。)*1
そして、猿さんの誘導で桃太郎コールがはじまります。
桃太郎さんご本人は「えぇぇぇ…」とか仰られていましたが、気にしない方向で…。

20060301_97.gif

なんだか、ヒーローショーのような風情になってまいりました。

20060301_98.gif

微妙に違う名前が聞こえたりしつつも、これだけの声援…しかも鬼さんにまで応援されては、桃太郎さんも舞台へ戻らざるをえなくなったようです。
最終的な決め手はキジさんの「早く戻らないと、兄のようにディナーになりますよ…」という言葉だったかもしれませんが。
桃太郎さんは「ヒィ!」と短く叫ぶと観客席を飛び出しました。

20060301_99.gif

「お・ま・た~」
「遅いよ~」
「覚悟するっちゃ!」
「しょうがない!これも仕事だ!」
「いぐぞー!」
「おしゃー!」


20060301100.gif

こうして、とうとう戦いの火蓋は切って落とされたのでした。
はたして決戦の行方やいかに…!?


というところで、またまた続きます。


*1:因みに鑑定ワンドとは。
AOS前のマジックアイテムはモンスターやトレジャーハンティングの宝箱から得てすぐは効果がわからなかったので”鑑定ワンド”というアイテムかアイテム鑑定スキルを使ってそのアイテムの効果を判定していたのです。
大抵の人はスキルを消費するよりはワンドに頼ることを選んだため、AOS以前の人は皆さん大抵お世話になっていました。
  1. 2006/03/24(金) 22:41:40|
  2. 劇団チロルさん イベント|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

THE MOMOTAROH 〔9〕

このお話は〔1〕より続いております。
差し支えなければそちらよりご覧いただければ幸いです。


「!?」



桃太郎さんが先に鬼が島へ渡ってしまったことで焦るキジさん、犬さん、猿さん。
「桃ちゃんがcrossってい」
「?」


20060301_82.gif

うっかり猿さん(キジさんはとうとう猿さんを”尻”呼ばわり…)もその言葉を口にしちゃったからさあ大変。
一瞬で渡ってしまいました。
そして、続いて犬さんも…。
「??」
「確かに言ってましたね、I would to be crossって」


20060301_83.gif

そして、とうとうキジさん一人が残されてしまいます。
観客席から「キジなら飛べ!」との声もあがる中…。
「え?え?今なんて言ってました?」
「cろss?」
「ああ、crossですか」


20060301_84.gif

と、なんとか無事に皆が鬼が島へ渡ることに成功しました。
良かった良かった…。


そして、ここでまた場面転換。
「どこに船を進水させますか?」

20060301_85.gif

いらっしゃったのは船頭さん…船頭風黒子さん?
「船にどのような名称をつけますか?」
「桃尻号」
「船の名称が削られました。」
「アイアイ、サー」
「あー、錨が降りていますぜ、旦那!」
「あー、錨をあげましたよ、旦那。」
「アイアイ、サー」
「地図をよこしな!」
「あー、波が高いぜ?」

船の名称がまずかったらしく(倫理規定?)、削られたりしつつも徐々に鬼が島が出来上がってゆきます。
この船頭さんの船に乗って、観客の皆が鬼が島へ行くということなのですね。

20060301_86.gif

鬼が島の地図もばっちり。
(ジャーナル上で見ていただくと非常に美しいです。)

20060301_87.gif

そして船頭さんは仕事を終えて一休み。
ひと呼吸の後に、彼は奥へと下がってゆかれました。


そして、鬼が島へ渡ってくる桃太郎さん一行。

20060301_88.gif

まずは桃太郎さんと猿さんが。

20060301_89.gif

続いて、犬さんが。

20060301_90.gif

最後にはキジさんが無事に到着。
(相変わらず、猿さんのことは”お尻さん”と呼んでいらっしゃいますが…。)
「おおう~!」
「なあに!」
「みんなこれたのね~!」

喜ぶ桃太郎さん。
そして、喜びのあまり…。
「いやいや」
「あそこで」
「crossっていうt」

「!」


20060301_91.gif

うっかり、もう一度キーワードを口走ってしまいました!


ひとりで先程の海岸へ戻ってしまった桃太郎さん。
…ど、どうしましょう?
続きます。
  1. 2006/03/23(木) 18:20:25|
  2. 劇団チロルさん イベント|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

Wilhelmina

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

"(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved."
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。