ミナUO雑記帖

私、Wilhelmina(ウィルヘルミナ)のウルティマオンライン日記です。

http://blog-imgs-31.fc2.com/h/o/n/honeyb/banner_468x60.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

永遠のパズル

先日、Little Ruri殿の主催でAsukaシャード・ミノックテント村にて”汝は人狼なりや?”が開催されました。


…村の広場に集う村人達…。
しかし、そこには既に死体が。



人狼より先に、追い剥ぎが出没しているようです。
この際、同じ村の住人となっていたshadow servant殿が…。

20060506_02.gif

「はたして追い剥ぎは狼サイドか、人間サイドか」というようなことを仰いました。
う~む、素晴らしい着眼点ですね。
常に色々な可能性へ目を配る、一流芸人ならではの発想だと思います。
さあ、果たして一体どちらだったのでしょうか…。
今回のネタにオチはありません。
(強いて言えば、考えオチ?)


#因みにこの回は第一夜で狩人が狼を切り殺し(物凄い眼力…それともまぐれ?)第二夜で投票により狼がお亡くなりになり、なんとたったの二晩で終了というスピード決着だったりしたのでした。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/06(土) 13:16:06|
  2. 汝は人狼なりや? in UO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

汝はウルフガイなりや? 〔後編〕

このお話は〔前編〕より続いております。
よろしければ、そちらからご覧いただけると幸いです。


さて、第二回目。

M20050917_08.gif

この回はBudou殿が進行役をしてくださいました。

M20050917_09.gif

ご縁がありまして、またOnigiri殿と同室になりましたので先程の半分ベッドの部屋にご案内してさしあげました。
…あんまり喜んでいただけなかったようですが。
そして。
壁際に、机と椅子がありましたのでOnigiri殿は年長者でもありますし椅子のほうへ座っていただこうと思ったのですが…

M20050917_10.gif

なんと、ご愛用の椅子を持参なさっておいででした。

M20050917_11.gif

で、何故かもってらした死人ローブも見せてくださいました。
Onigiri殿のバックパックは四次元ポケットなのでしょうか…?
(実はこの時に思いついたことがあるのですが、そちらは”続きを読む”の先にありますおまけコーナーにて…。)

M20050917_12.gif

こうして世があけ、リンチ会議…。
何故か会議の輪の中心に不思議なものがありました。
これは、これから起こる事の予兆だったのでしょうか?

M20050917_13.gif

そして次の夜、村人だった私は同室だったLittle Ruri殿に美味しくいただかれて幽霊の仲間入りをはたしました。
何時の間にかあの世の席が妙に豪華になっていて、ちょっと得した気分。
おーいみんな!こっちへ来いよー!
…と、呼びかけたい気分でした。
この時のリンチ投票ではLittle Ruri殿とIzumi殿が得票同数でサイコロ勝負にもつれこみましたが、Little Ruri殿が敗北。
この時点で人狼が残り一人になってしまい、形勢は村人側有利へ。
次の夜で死者がもう一人出た為に狼はいぶりだされる形となり、そのまま村人勝利となりました。


久しぶりだったこともあり、大変面白かったです。
主催のLittle Ruri殿、Budou殿、そして参加者の皆様ありがとうございます。
おつかれさまでございました。
是非、またやりましょう!


この後、ムーングロウへ移動するのですがそれはまた別エントリーで。


[汝はウルフガイなりや? 〔後編〕]の続きを読む
  1. 2005/09/17(土) 00:04:30|
  2. 汝は人狼なりや? in UO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

汝はウルフガイなりや? 〔前編〕

ちょっとどうかと思えるタイトルですがお気になさらないでください。
今回から、暫く時系列的に「もっとちゃんとやれよ!」とお叱りを受けてしまいそうなほど時系列的に古いネタでやって参ります。
何卒、ご容赦の程を。


なんと、七月のお話。
ニュジェルムにてLittle Ruri殿Budou殿共催で今は公式にサポートもされた「汝は人狼なりや?」(以下「人狼」と略します)が行なわれました。
(この時の模様はLittle Ruri殿のwebpageにあります日記でも触れられておりますので、よろしかったらそちらも併せてどうぞ。)

M20050917_01.gif

ニュジェルムで開催される「人狼」は初めてでしたが「ゆきの工務店」様提供の椅子や灯りなどもあり、ばっちり「人狼」ムード。
第一回の進行役はLittle Ruri殿。
配役も終わり、さて第一夜の部屋割を決める…というところで。

M20050917_02.gif

Onigiri殿が「汝は人鹿なりや?」というシャレを体現なさっていらっしゃいました。
そして、それが終わると被っていた鹿マスクを脱いでぽいと地面に投げ出されました。
そのプロパティを見てみると…

M20050917_03.gif

なんと、AOS導入前のマジックアイテム(旧マジック、などと呼ばれていることもありますね)でした。
(アイコンかぶっちゃってました。見えづらくてごめんなさい。)
懐かしいなあ…。
どうしてこんなもの持ち歩いていらっしゃるんでしょう。

M20050917_04.gif

そして、部屋割り。
第一夜はCelsius殿とご一緒させていただきました。
しかしこの部屋、何故か二台目のベッドが大変なことになっています。
これは一体どういうことなのでしょう。
摩訶不思議ブリタニア。

M20050917_05.gif

そして、第一夜目が明け…死者はひとりもでていませんでした。
会議をしますが、全く手がかりが無いのに誰が怪しいかなんて解るわけがありません。
…という状況にも関わらず、なぜかリンチ投票で大人気のIzumi殿…。
ぶっちぎりの得票数でお亡くなりになってしまわれました。

M20050917_06.gif

そして第二夜へと進みます。
その夜が明け、第二回のリンチ投票が終わると幽霊席が突然賑やかになっていました。
狼も狂人も大活躍、といったところでしょうか。
しかし、この時の私は生き残ることに少し自信がありました。
今宵のミナは一味違います。
そう、役割分担の時に僧侶の役をいただいていたのです。
というわけで、第三夜の部屋割りも恐れることはありませんでした。
この時はOnigiri殿と同室に…。
一緒の部屋に入って解ったのですが、なんと彼が人狼でした。
熊マスクの反対側に私がそっとルーンを乗せると…これが最期とばかり、服毒。
流石にOnigiri殿の死に芸にも慣れてきつつあった私はArch Cureの呪文で解毒します…が!
なんと、更に罠箱で爆発!!
見事、Onigiri殿はその骸を晒したのでした。

M20050917_07.gif

決定的な瞬間の写真がないのは、まさか二段構えになっているとは思っていなかった為に驚きすぎてシャッターをきりそびれてしまったのでした。
本当に、なんでこんなに色んなものをお持ちなんでしょうか…。
この後、Onigiri殿はリンチ投票で幽霊席へ仲間入り。
村人側の勝利となったのでした。


というところで、続きます。
  1. 2005/09/16(金) 21:06:39|
  2. 汝は人狼なりや? in UO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

狼になりたい = 後編 =

このお話には前編がございますので、そちらから読んでいただければ幸いです。


さて、二回戦目。
今度は、いつも進行役を引き受けてくださっているArwen殿に代わってIzumi殿が進行役です。
やっぱり、Arwen殿もたまにはプレイヤーに回らないとね。
Arwen殿、いつもありがとうございます。
進行役を引き受けてくれたIzumi殿にも感謝。

M20050519_08.gif

今回はHokutoシャードからのお客様がいらっしゃったせいか、現場にはバシネットがありました。
なんとなくいろんな人に回してかぶっていたり…。

M20050519_09.gif

それはさておき。


第一回でお帰りになられた方や、第二回から参加(armored殿や、青いお洋服が可愛らしい娘さん)の方などでメンバーが少し入れ替わりました。
そして、配役のお時間。
いつもArwen殿が待っていてくれる奥のテントまで走っていくのですが、今回はIzumi殿の待機するテントへ役を貰いににダッシュ。
そして、私がたどり着くと…

M20050519_10.gif

だそうで、やっぱり村人か…とホッとしたのも束の間。
Izumi殿が私に渡してきた小道具はなんと…熊マスクでした。
えーと…私の記憶が確かならば、これは人狼役をやれトイウコトデスネ…?

M20050519_11.gif

Izumi殿、なんか嬉しそうです。
とっても作為めいたものを感じるんですが、気のせいでしょうか。
よりによって、一番苦手な役がまわってきちゃいましたよ。
…というわけで、ここから緊張と焦りで写真がほとんど撮れていませんでした…。
すいません。(がっくり。)
今回、一緒に人狼役をやることになったのは茶(Quone)殿。
ヘンに焦る私を、冷静に導いてくださいました。
そう、今回は第一回より人数が減っているので狼が二人、狂人が二人という構成なのでした。
とりあえず、初日は同部屋になろう…ということで作戦がまとまり、一日目の部屋割。
なんとか、他の人に指名されたりせず作戦どおり事を運ぶことができました。

M20050519_12.gif

なんか、ファイヤーウォールとポイズンフィールドが同じマスで燃えてます。
派手です。
めらっさめらっさ。
これからの行く末を暗示している…かどうかは知りません。
とりあえず、人狼同士同部屋になってパスを使わずに一夜目を明かすことに成功した狼連合。
狂人がうまく死んでくれるのを祈るのみです。
と。
なんと、初日から二人も死者が出ていました。
Kelvin殿とArwen殿です。
二人とも狂人か、もしくは狩人が動いたか?
双方の部屋の方がおっしゃるには、二人とも狂人だったそうです。
なるほど。
それはきっと、真実なのでしょう。
しかも、Kelvin殿は三人部屋の中の一人。
容疑者を一挙に二人も作ってくれたことになります。
これはありがたい!
今回のリンチは、Kelvin殿と同部屋で会議のときによくお話をなさってらしたBudou殿でした。
そして、次の日。
茶(Quone)殿と私はそれぞれパス。
作戦会議において、最後まで疑われないように状況を見つつ二回のパスをフルに使おう…ということになったのでした。
そして、夜が明けてみるとまた一人の死者が!
狂人はもう二人とも居ないはずだし、どういうこと…?と思い、話を伺ってみると…。
なんと、同室のarmored殿が先程の投票で二位だった相部屋の方を怪しんで斬った、というのです。
つまり、armored殿は狩人。
ということは、彼に狼連合の組織票を投じて消すべきか…?
茶(Quone)殿に相談すると「いや、暴れる狩人は自滅するからほうっておいて大丈夫」とのこと。
さすが茶(Quone)殿、冷静な判断だ…と思わずモニターの前でうなってしまいます。
というわけで、人狼連合はその時”祈祷師では?”と疑っていた方に集中投票。
が、ちょっと怪しいくらいで斬られてはかなわん…と思ったのか、armored殿に票が集まって彼は死後の世界へと旅立ってしまわれました。
素晴らしい…茶(Quone)殿の読みどおりです。
そして、次の日の部屋割。
これだけ死者が出ても、人狼は二人ともまだピンピンしているわけですからまだまだ騙しあいは続きます。
今度は二度目のパス…と思いましたが、これでもう狼が食べない限り
死者はでないわけですから村人を確実に消していかねばなりません。
残っているのは私と茶(Quone)殿を除外するとあと四名。
同室の方が死んだ、という容疑要因の残っている青いお洋服の彼女と祈祷師では?と疑いのある方を除いて…村人らしいと踏んだRuri殿を狼連合で相談の上、おいしく頂くことに決めました。
実際に食べたのは茶(Quone)殿。
初ディナー、ごちそうさまでした。
というわけで、一夜明けて会議…。

M20050519_13.gif

ここが正念場。
当然、茶(Quone)殿が疑われます。
祈祷師だったから返り討ちにした…と言い訳をすると、なんと青いお洋服の可愛い彼女(長いので以下、青い彼女と略させてください)が自分も祈祷師であると主張。
が、青い彼女は狂人さんがつくってくれた残り一名の容疑者でもあったのです!
おそらく、青い彼女が祈祷師だというのは本当なのでしょう。
だとしたら、ここでなんとしてもリンチの的にしておきたいところです。
まだ牧師が残っている可能性がありますが、直接的な脅威はやはり祈祷師のほうなのですから。
私は青い彼女もまだ容疑者だし、ウソをついてるかもしれないし…というようなことをそれとなく…そして内心汗だくで言います。
ここで茶(Quone)殿が死んでしまったら、私ひとりでは正直…厳しいです!
どこまで信用されたのか…はっきりいってわかりません。
そして、運命の投票。
狼連合は当然、青い彼女に集中投票。
他の三票の矛先がどうくるか…それが問題です。
ドキドキの投票タイム。
蓋を開けてみると…。




青い彼女、二票。
茶(Quone)殿、二票。
そしてもうお一方に一票。



なんと、青い彼女と茶(Quone)殿に二票ずつで同票。
サイコロ勝負となりました!
おお、神よ(狼の)ご加護を。
そして緊迫した勝負となりましたが…これに、茶(Quone)殿が勝利!
これで残り人狼二人+村人側二名ということになります。
あとはもう食べるしかありません。
もし、牧師が残っていたとしても一人確実に食べてしまえば残りは三人。
うち、二人は人狼なのですからリンチ投票では絶対に勝てる計算です。
と、いうわけで…。
茶(Quone)殿は二度目の、私は最初で最後のご馳走タイムとなりました。
なんと、のこりの二名はふたりとも村人。
そして人狼のみが生き残って…完全勝利です。

M20050519_14.gif

主催のIzumi殿と、二回目の途中からいらした為に見学されていた赤い魔道士の彼女が一緒に人狼の勝利を喜んでくださいました。


勝てたとはいえ、胃にも心臓にも悪かったです。
次は何卒、村人で!せめて人狼以外でお願いします…。
嗚呼、小心者。
というところで、今回の人狼レポートはおしまいです。
ちょっと文章だけが長くなってしまったのが反省点。
おつきあいくださいました方、どうもありがとうございました。
  1. 2005/05/20(金) 23:39:50|
  2. 汝は人狼なりや? in UO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

狼になりたい = 前編 =

さて、今回は前回に引き続き「汝は人狼なりや?」のお話。
またまたArwen殿主催の人狼に参加させていただいてきましたよ。
この日は和風居酒屋 酔いどれ蛙さんの営業日と重なっていましたが、今日は営業時間を短縮して女将さん(yukino殿)も参加されるとのこと。
それじゃ、人狼の開始時間まで酔いどれ蛙さんで景気つけに飲んで、体が温まったところで行けば丁度いいですね!
ということで、ムーングロウでキャッチ出来たOpnit殿と一緒にまずは酔いどれ蛙さんへ。
そしてのんびりおしゃべりをさせていただくうちに、お時間となりました。
女将さんが現地までゲートを開けてくださるとのことなので、本日参加予定のKelvin殿Budou殿、Frodo殿も入れた六人で一階へ移動。

M20050519_01.gif

…出ましたよ、ネタが。
駐獣スペースに入ったOpnit殿をニヤニヤしながら眺めるKelvin殿…。
(丁度、Kelvin殿がポケットに手を突っ込んでるみたいなポーズで、いいショットが撮れたと自画自賛。)
彼に並んで、さながら動物園か何かのような風情になってしまったりして。
相変わらずロールプレイ続行中なのだなあ…。
と、思ったら。

M20050519_02.gif

あんまり大勢で見物(?)していたら、拗ねちゃいました。
ちなみにこの日はOpnit殿のマシンが調子悪く、アルファベットしかタイプできないという状態だったので英語をお話なさってます。
ある意味かっちょいいですね。
さて、女将さんの出してくれたゲートで移動すると、そこで待っていてくださったのは主催のArwen殿とIzumi殿でした。
でも、Izumi殿は離席なさっておいでだったのか木のほうを向いています。
おまけに、何故か服をちゃんと着てません。
すると、Opnit殿が歩み寄り…
















M20050519_03.gif

求婚です!
待て待て、Izumi殿はこの間Little Ruri殿という可愛い方と結婚なさったばかり…おや?
それは男性のIzumi殿だから女性のIzumi殿はフリーなのでしょうか?
Opnit殿の衝撃発言に、Izumi殿の反応はなし。
恐らく離席中だったのか、暫くして姿が消えました…が、その後すぐに戻っていらっしゃると様子がお変わりになっていました。
それが、どのようだったかといいますと…






















M20050519_04.gif

セミに生まれ変わられたようです。
しっかりと木の樹液を吸っていらっしゃいました。(?)
まだ夏にはだいぶ早いですが…。


というわけで長い前フリでしたが、ようやく本題。

M20050519_05.gif

今回もArwen殿を除くと参加者十五名と人数多し。
Izumi殿の愛妻であるLittle Ruri殿も御参加です。
Hokutoシャードから来てくださった方もいらっしゃいます。
Arwen殿のはからいによる自己紹介タイムの後、配役決めです。
私、プロ村人ですので…今回も当然のように村人役をいただきました。
初日はBudou殿と一緒のお部屋になり、人狼必勝法を伝授していただきますが…本当にやったら明らかに反則という方法でしたので、この場では伏せておきます。
相変わらず、Budou殿は人を笑わせる冗談がお上手です。
一夜明けて、朝…。

M20050519_06.gif

(カーソルかぶっちゃっててごめんなさい…。)
いきなり、二人も死者が出ていました。
今回、狂人は二人、狼は三人…と聞いていたものの、初日に狂人が二人も動くでしょうか?
ありえないことではないですが、少なくともひとりは狼が動いた…と考えたほうがよさそうです。
死者はyukino殿とFrodo殿でした。
yukino殿と相部屋だったOpnit殿は「彼女は狂人だった」、Frodo殿と相部屋だったKelvin殿は「彼は狼だった。自分は祈祷師だったので返り討ちにした」とそれぞれ事情を説明します。
Opnit殿の言い訳は非常に真実っぽいですが、この時のKelvin殿のお話にも真実味を感じました。
非常に仰りようがあっさりしていましたし、それに人狼だったら”狂人です”と言ったほうが通りがいいのではないかと思ったのです。
そして、リンチ投票…。
やはり、怪しい二人に票が分かれます。
僅差でOpnit殿がトップ票を獲得して死者の仲間入りをなさいました。
第二夜目。
たまたま、私に指名権が回ってきましたのでKelvin殿にお願いして一緒のお部屋になりました。
私の読みではKelvin殿は安全の筈です。
逆に、Potを使ってしまった祈祷師は狼に狙われる可能性もあるので、一緒になっておけば彼も安全だと思いました。
また、私の読みが外れていて彼が人狼だった場合。
二日連続で人が死ねばリンチ確実ですからパスを使ってくるだろうという考えもありました。

M20050519_07.gif

そして、その夜はジプシーさんの居るテントでのんびり。
見張り(?)もいらっしゃったことですし、この日は何もありませんでしたよ。
明けて朝になると…今度は、Little Ruri殿がお亡くなりになっていらっしゃいました。
今回同部屋だったのは…Izumi殿。
保険金殺人?!などという意見も飛び出す中、Izumi殿は必死に殺人疑惑を否定。
そしてリンチ投票…何故か私にも数表入りつつ(いつも喋りすぎるんで疑われるんですよね…)最終的にはIzumi殿が愛する奥様の後を追うことになりました。
そして、三夜目…。
私は茶(Quone)殿と相部屋となりますが、何も起こらず。
実は私、この時点で人狼は残り二人と踏んでいまして…それがどなたか、というのもある程度の検討をつけていました。
そして、次の日の朝…。
私が目星をつけていた二人うち一人の相部屋の方がおなくなりになっていらっしゃいました。
ということは、もうその人に投票するしかありません。
他に手がかりも無かったためか、リンチ投票はそのお方に票が集中しました。
そして。
村は平和になったのでした。
あれ?私の読みではもうひとり人狼が居る筈だったのですが…?
Kelvin殿が返り討ちにしたFrodo殿は人狼確定として。
…実は、初日にyukino殿を食べていたOpnit殿が人狼だったのでした。
聞いてみれば実はyukino殿、今回しっかり狂人役だったのだそう。
わからないから仕方が無いとはいえ、味方同士で食いあってしまっては人狼側の勝利が難しくなるのも仕方ありませんね。
というわけで、今回は四夜目を迎える前に早くも村人側の勝利で幕を閉じたのでした。


第二戦目に突入する後半戦へ続きます。
  1. 2005/05/19(木) 23:59:59|
  2. 汝は人狼なりや? in UO|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
次のページ

Wilhelmina

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

"(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved."
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。