ミナUO雑記帖

私、Wilhelmina(ウィルヘルミナ)のウルティマオンライン日記です。

http://blog-imgs-31.fc2.com/h/o/n/honeyb/banner_468x60.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

戦慄! 破滅の迷宮

私がいわゆるアーティファクト(AF)やレアに疎い、ということについては何度か書いてきました。
実は、マラスにあるダンジョンドゥーム(Doom)の対岸エリアにもつい最近まで行ったことがなかったのです。
(対岸エリアは、同じドゥーム内にあるクエストをこなして金骸骨を手に入れないと行くことが出来ません。
そのクエストをこなすには、とあるモンスターを倒さなければならないのですが…それがちょっと大変なのです。)
というわけで今回は、先日はじめてドゥーム対岸を訪れた時のことを。

20050713_01.gif

メンバーはBudou殿Kelvin殿a skelton殿こと魔王殿、その時に私と偶然ムーングロウでお喋りをしていた同じギルドに所属するMoomin殿でした。
なにぶんはじめてなので、対岸での状況やルールなどの説明をしていただきます。
内容はこうです。
対岸の船着場から中央の広いフロアへ移動すると、そこから蜘蛛の脚状に五つの部屋が存在します。
五つの部屋にはそれぞれそのモンスター群が沸いており(通称”中ボス”)それらのモンスター群を順番に倒していくと、中央の広いフロアに最後のボス群(通称”パパ”)が沸くのだそうです。
そして、それらの協力なモンスターを倒すと非常に低い確率ながらもアーティファクトが手に入る、と。
ひと通りの解説を受けたところで、魔王殿が…

20050713_02.gif

頼もしいお言葉です。
流石は魔王様。
では、みんなでレッツゴー!と、ひとつ目の中ボスの部屋のテレポーターから勢い良く飛び込みました。
(行きは良い良い帰りは怖い。
このテレポーター、実は一方通行なのでこの中にいるモンスターの群れを全て倒さないとメインの扉は開かない仕組みになっています。)
が…












20050713_03.gif

人が一杯居すぎて、どうやら戦っているらしいということは解るのですが…モンスターの姿が何も見えません。
死体になると、皆さんが離れてくださるので解るのですが…。
このあたりはイベントのボス戦のようだなあ、と思いました。

20050713_04.gif

各部屋の”中ボス”はそれぞれ違った姿をしていて、色々と特徴があるようです。
どう戦うのか、敵がどこに居るのか良く把握できないまま、一緒に行った皆や他にもいらしていた冒険者の方々と一緒に回ります。
(この日は、偶然Zao(Fei)殿と遭遇。
いつもの癖で、ついまったりと長話をしてしまいました。
お引止めしてしまってごめんなさい…。)
ぐるぐる回っているうちに、何とか少しコツらしきものがわかってきて…敵を観察する余裕が出てきました。
暗いダンジョンの中、モンスターを良く見てみると…

20050713_05.gif

なんか…とっても気持ち悪いんですけど。
この写真の中ボスさん、なんだか塩をかけたくなるような外見をしています。
他にも…

20050713_06.gif

刺身にして醤油をつけるか、ブツ切りになって他の材料と一緒に小さな丸い形に焼かれているとおいしそうな中ボスもいました。
(写真は、既に倒された後です。)
そして極めつけに鳥肌ものだったのが…

20050713_07.gif

大ボスであるところの”パパ”。
(お詫びと訂正。これは”パパ”では無く中ボスのうちのひとつなのだそうです。
どうやら、私は”パパ”を確認できていなかったようです…。)

気持ち悪さMAXです。
目を細めて見るとナウシカの王蟲みたいで可愛く見えてこないこともないような…でも、まるっきり私の大嫌いなゴ…ゴ…ゴキ…もごもご…。
とにかく、アレに見えるんですよ!!
ビートル系は私の中で「カブト虫一族」ということで決着がついたので大丈夫なんですが…。
(なので、できればビートルのことをゴキと呼ぶのはやめてください…可愛く「むしこさん」か「かぶとむし」でどうかひとつよろしくお願いします。)
この”パパ”さんは丸っきりアレに見えるのでかなり嫌です。
触ったら病気になりそう。
でもこのモンスターが沸くと、壁とお友達だった方も戦いに加わってくださるのでした。
(中ボスと大ボスではアーティファクトの入手確率が違っていて、大ボスのほうが若干良いのだそうです。
なので、大ボスの時だけ戦いに参加される方は中央フロアの壁際に白い壁面と対話する形で佇んでいらっしゃっるのですね。)
そんな中、この場所で唯一ともいえる癒しの空間がありました。

20050713_08.gif

アンクです。
死んだらここへ走ってくれば蘇生してくれるのでしょう…多分。
(追記:このアンクは飾りで蘇生はしてくれないのだそうです。
この奥にヒーラーがいて、そちらの方が有料で蘇生してくださるのだとか。)

普通のアンクと違って、血の色をしてますけどね。


そして、ある程度の時間を共闘に費やしたところで私は撤収の時間となりました。

20050713_09.gif

船着場のすぐ近くにあるムーンゲートは、ドゥームのすぐ外へと繋がっていますのでこちらから帰還です。
ドゥームは転送バッグを使えないというルールなので、稼ぎになるのは本当に良いマジックアイテムかアーティファクトのみ。
ですが、場の空気に慣れるのが精一杯で大してマジックアイテムも見ていなければアーティファクトも出ませんでしたので、お小遣い程度のGpだけ回収。
こうして、私の初ドゥーム対岸紀行は終了したのでした。


全体的な感想としては、タウンイノベーションに似てるな…と思いました。
強敵が居て、皆で協力しないと倒せないところが。
見ず知らずの人達が目的に向かって一緒に戦う、という楽しさがあると思います。
そういったことを楽しむついでにアーティファクトが出る、っていう風に考えると美味しいかもしれません。
熱心な方々のように何時間も戦いを続けたり篭ったり、というのは私の性格からして出来そうにありませんが、また遊びに行ってみるのも悪くないかな…と思いました。
お誘いを下さったBudou殿、そして一緒に行ってくださった皆様、どうもありがとう!
良かったらまた誘ってくださいましね。
おつかれさまでした。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/14(木) 00:17:43|
  2. 冒険!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<歩いても歩いてもブリタニア。 | ホーム | ブリタニアの一番星!>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2005/07/14(木) 01:09:38 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://honeyb.blog6.fc2.com/tb.php/138-55bac450

Wilhelmina

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

"(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved."
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。