ミナUO雑記帖

私、Wilhelmina(ウィルヘルミナ)のウルティマオンライン日記です。

http://blog-imgs-31.fc2.com/h/o/n/honeyb/banner_468x60.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

海辺の町に戻った平和 = 後編 =

このお話は= 前編 =から続いております。
そちらからご覧いただければ幸いです。


魔物が倒された直後。

イヨナ  「もう魔物は・・・?」

(冒険者の「イヨナさま、お怪我はございませんか?」の問いかけに…)

イヨナ  「ええ」
イヨナ  「大丈夫です」
イヨナ  「有難う」


イヨナ  「そうです」
イヨナ  「先ほどの巻物を・・・」


そして、イヨナさんは先刻ラムズさんが消えた場所…巻物を落としていった場所へと戻ります。
そのすぐ後に、エレインさんがやってきました。

エレイン 「みなさん!」

(当たり前ですが”皆さん”という意味ですね。
決して私が個人的に呼ばれているわけではないです…。)

エレイン 「・・・無事だったみたいね」

エレインさん、あたりを見回して…

エレイン 「・・・?」
エレイン 「ん・・・」
エレイン 「イヨナさんはどこに?」


M20050510_14.gif

(冒険者たちは、「あちらに」等と口々にイヨナさんのいらっしゃる場所へ案内します。)

例の巻物の近くに佇んでいたイヨナさんのところへ、エレインさんは歩み寄りました。

イヨナ  「エレイン様!」
エレイン 「遅くなったわ」
イヨナ  「来てくださったのですね!」
エレイン 「ええ、びっくりしたわよ」


M20050510_15.gif

(ここで、エレインさんがお怪我をなさっていることに気づいた冒険者達は口々にヒールの魔法を唱えます…。)

エレイン 「派手にやったみたいね」

ここで、イヨナさんもエレインさんの怪我に気づいて…

イヨナ  「あ、お怪我を・・・」
エレイン 「え、ええ」
エレイン 「これは気にしないで」
エレイン 「途中でオークと、ね」

イヨナ  「話はクレイニンから・・・?」
エレイン 「ええ」
エレイン 「だいたいはね」

イヨナ  「申し訳ありません、勝手なことを・・・」
エレイン 「それで・・・オドリックは?」
イヨナ  「残念ながら取り逃がしてしまいました・・・」
エレイン 「そう・・・」
イヨナ  「去り際に」
エレイン 「彼の方が一枚上手だった、ということね」
エレイン 「・・・ええ」

イヨナ  「本当の名はラムズ、だと名乗りました・・・」
エレイン 「そう・・・」
イヨナ  「それに」
イヨナ  「この巻物・・・」


と、ここでイヨナさんは巻物の方へ向き直ります。
エレインさんも彼女につられるように巻物の方へ体を向けました。

イヨナ  「どうやら落としていったようなのです」
エレイン 「・・・?」
エレイン 「これが・・・」

イヨナ  「エレイン様、読めますの?」
エレイン 「・・・」
エレイン 「駄目ね」


(ここで冒険者の一人が「ワナかも」と呼びかけます。)

エレイン 「確かにワナ、ということも考えられるわね」
イヨナ  「ふむ・・・」
イヨナ  「クレイニンに見せてみるのはどうでしょうか?」

エレイン 「そうね」
エレイン 「参考資料として慎重に取り扱いましょう」

イヨナ  「ええ」


エレインさんは*ぐい*と巻物を引っ張ると、それを懐に収めました。

(冒険者から「何しろ、これ以外に手がかりが全くなくなってしまいましたからね」と声があがります。)

エレインさんはまた冒険者のほうへ向き直ると…

エレイン  「確かに」
エレイン  「他に何か気がついたことがあれば聞きたいわ」
エレイン  「彼を追う手掛かりになりそうなことはない?」


(それに対して冒険者の一人が「ラムズは人の姿をしていませんでした」と答えます。
イヨナさんはそれを受けて…)

イヨナ   「そうです!」
イヨナ   「まるで人のようではありませんでした・・・」

エレイン  「そう・・・」
イヨナ   「おぞましい姿でした・・・」
エレイン  「他にも切り札を隠しているかもしれないわね」


イヨナさん、ここで何かに気づいて*あっ*と声をあげます。

イヨナ   「そういえばオーク達が・・・?」
エレイン  「うん・・・?」
イヨナ   「いなくな・・・ったのでしょうか?」
エレイン  「見回ってみましょ」


そう言うと、エレインさんは岩山を降ります。
イヨナさんも彼女に続き、*よいしょ*と掛け声をかけて我々と同じ高さの地面に降り立ちました。
そして、コーブの中をあちこち見てまわり…

ちなみに、こちらコーブの銀行。
タウンクライヤーさん、武器を持ったはいいものの屋根の上に逃げていた様子。

M20050510_16.gif

うんうん、その通り…。
ようやく地上で生活できますよ。

そして、ひととおり見て回って…
(どうやら、私は最初の台詞を聞き逃しているようなのですが…)

イヨナ  「・・・ということは!?」
イヨナ  「エレイン様!」
イヨナ  「コーブが!」

エレイン 「ん」
イヨナ  「私達の手に戻ったのですね!」


M20050510_17.gif

エレイン 「そうね」
エレイン 「オーク達は立ち去ったようだわ」

イヨナ  「やりました!!」


(冒険者の中にも喜ぶ者もいれば、「何かうまく行き過ぎてるような・・・」と首をかしげる者も。
エレインは後者の意見を受けて・・・)

エレイン 「ええ」
エレイン 「気になるところがあるわ」
エレイン 「この町はしばらく監視を続ける必要がありそうだわ」
エレイン 「そうとなったら・・・」
エレイン 「すぐにガードの手配をしないと!」

イヨナ  「ええ!」
イヨナ  「すぐに戻りましょう!」
イヨナ  「皆様!」
イヨナ  「凱旋ですわ!!」
イヨナ  「ゲートを開きます!」


そして、イヨナさんが開いてくださったゲートでキャッスル・ブリタニアへ帰還。
戻ってみると、クレイニンさんはいらっしゃいませんでした。
居合わせた冒険者からも「クレイニン様は?」等の疑問符があがります。
別の方が「先ほどメッセンジャーとともに奥に行きましたが…」とお返事をなさいまして、それは解決。
お忙しい方のようですし、ぼーっと広間で待っているわけにはいかないのでしょうね。

M20050510_18.gif

エレイン 「・・・やったわね
イヨナ  「エレイン様!やりましたわね!」
イヨナ  「皆様のお陰です!」

エレイン 「ですがイヨナさん」
イヨナ  「は、はい」
イヨナ  「なんでしょうか」

エレイン 「今回の進撃は・・・」


エレインさんがこれから何の話をするか…という予想が出来たのか、イヨナさん*う・・・*と詰まります。

エレイン 「結果的に成功したとはいえあまりに無謀なものだわ」
エレイン 「後で」

イヨナ  「無謀・・・」
エレイン 「詳しくお話を」
イヨナ  「申し訳ありません・・・」
エレイン 「聞かせてもらいます」


イヨナさん、クレイニンを振り切って駆け出した時の勢いはどこへやら。
エレインさんの厳しい追及に*しゅん*と意気消沈です。

(ここで冒険者から「勇敢といって欲しいな」という意見が飛び出します。
イヨナさんの決断を指示する人たちも沢山いたようです。)

エレインさんは我々の方へ向き直ると…

エレイン 「確かに、そうね」
エレイン 「ついてきてくれたみんなには本当に感謝しています」

イヨナ  「ええ、皆様がいらっしゃらなかったらと思うと・・・」
イヨナ  「本当に有難うございました」


と、ここでイヨナさんはエレインさんの方を振り返りると…

イヨナ  「あ」
イヨナ  「そうですわ」
イヨナ  「エレイン様」
イヨナ  「巻物をクレイニンに・・・」

エレイン 「ああ、そうね」
エレイン 「そうだったわ」


そして二人は再び我々のほうへ向き直ります。

エレイン 「ごめんなさい」
エレイン 「名残惜しいけれど私達はこれで失礼するわね」

イヨナ  「皆様とお祝いしたいのは山々ですが・・・」
イヨナ  「評議会にも報告をしなければ」

エレイン 「では、またね」
イヨナ  「有難う」


そして、二人は我々に背を向けて奥へと歩み去って…行きかけたのですが。
エレインさんが奥の部屋へと姿を消した後、彼女に続いて歩いていたイヨナさんがふと歩みを止めます。
そして…

M20050510_19.gif

イヨナ  「これからお小言かしら・・・」

そう、呟いた後に*しゅん*と肩を落としてから(冒険者から口々に「がんばれ」「がんばー」等の応援が飛ぶ中…)ゆっくりと去って行かれたのでした。

そして、この後。
タウンクライヤーさんが嬉しいニュースを皆に知らせているのを確認。

M20050510_22.gif

さらにその後、蒼熊亭店主saya殿のご好意で、蒼熊亭本店にてke-go殿Gazi殿と一緒にコーブ開放のお祝いをしたのでした。

M20050510_22.gif

”乾杯”の時、すでに酔ってらっしゃる方がいるようにみえるのは気のせいです、多分。

というわけで、今回のレポートはこれにておしまいです。
ちなみにこの数日後、巻物を解読するイベントが発生したのですが…残念ながら、そちらには参加することが出来ませんでした。
Est殿のところにそちらのレポートがございますので、興味がおありの方は読まれてみてはいかがでしょうか?
長いおつきあいありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/14(土) 23:59:59|
  2. GM(Seer)イベント|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<フェルッカブリテイン奪還作戦 Revenge | ホーム | 娯楽の殿堂、オープン! = 3 = (BlogPet)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://honeyb.blog6.fc2.com/tb.php/64-94cd1626

Wilhelmina

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

"(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved."
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。