ミナUO雑記帖

私、Wilhelmina(ウィルヘルミナ)のウルティマオンライン日記です。

http://blog-imgs-31.fc2.com/h/o/n/honeyb/banner_468x60.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

乙女の愛の夢 = 2 =

このお話は = 1 = より続いております。
よろしければそちらからお読みいただけると幸いです。


魔女さんのルーンがマークしてあった先は、トリンシックのデルシアへ通じる洞窟出入り口の南側でした。
ここでBudou殿からパーティのお誘いがあり、今回も入れていただきました。
いつもありがとうございます。

M20050609_09.gif

冒険者の一人がこの近くには廃墟があったことを思い出して下さり、皆でそちらへ移動。
そこにあったのは廃墟とはいえ、なんだかグリゼルダ魔女さんの家より綺麗そうなお家でした。

M20050609_11.gif

いかにも怪しいチェスト(宝箱)のある部屋には、いかにも怪しいエナジーフィールド(物理結界)が張ってあって入れません。

M20050609_10.gif

そして、この魔女さん…ピュアフォレズ魔女さんの家にも鍋が。
魔女さんにとって、鍋って必須アイテムなんでしょうか?
そして、後からグリゼルダ魔女さんもいらっしゃいます。

Grizelda「あんたらだけじゃ」
Grizelda 「やっぱり不安でねえ」
Grizelda 「で」
Grizelda 「あの女見つけたかい」


冒険者が”いない”という主旨のことを口々に伝えると…

Grizelda 「ったく」
Grizelda 「とろいねえ」


ここでグリゼルダさんは*すぅー*と息を吸い込んだ後、外へ出て行ってあたりを*きょろきょろ*と見回します。
ピュアフォレズ魔女さんの気配を探っているようです。
そしてもう一度、そこで*すぅー*と息を吸い込むと…

M20050609_12.gif

Grizelda「ピュアフォレズ!」
Grizelda 「ここにいるのはわかっているんだ!」
Grizelda 「とっとと出ておいで!」
Grizelda 「隠れても無駄だよ!」
Grizelda 「あたしにゃ分かってんだ!」


その声を聞いて、いかにも怪しいチェストの前からピュアフォレズ魔女さんが姿を現します。

M20050609_13.gif

しかし、その態度はグリゼルダ魔女さんの剣幕に震え上がって…というものとは程遠いようです。

Purefolezz「あ~ら、あらあらあらあら」
Grizelda 「出たね性悪女」
Purefolezz「誰かと思えばグリゼルダじゃないの」
Grizelda 「相変わらず」
Purefolezz「懲りずにまたいらっしゃったの?」
Purefolezz「ふふっ」

Grizelda 「気持ちの悪い声だよ」
Grizelda 「黙りな!」

Purefolezz「あなたに言われたくはないわ」
Grizelda 「ごたくはいいんだよ!」
Purefolezz「まったく懲りないなんて」
Purefolezz「それともこの前こてんぱんにやられたのは」
Purefolezz「忘れちゃったのかしら?」
Purefolezz「ふふっ、年はとりたくないものねぇ」

Grizelda 「あたしの研究を返しな!」


M20050609_14.gif

Grizelda 「なんだってこのクソ婆が!年寄りなのはあんたもだろ!」
Purefolezz「私はあの研究を完成させたわ」
Grizelda 「あんたこそ昔からあたしに勝てた試しはなかっただろ!忘れたのかい?」
Grizelda 「ええ?」

Purefolezz「おかげであなたは私に傷一つつけられず」
Purefolezz「逃げ帰ったじゃないの」
Purefolezz「ねぇグリゼルダ?」

Grizelda 「黙りなこのドロボウ猫!」
Grizelda 「それはあたしの研究書のおかげだろう!」

Purefolezz「負け犬の遠吠えといったところかしら」
Grizelda 「絶対に取り返して、あんたを特製鍋の具にしてやるからね!」


ここで冒険者のひとりがピュアフォレズ魔女さんに向かって「愚か者は高い場所がすき~」と野次を飛ばします。

Purefolezz「ふふっ」
Purefolezz「できるものならやってみるとよろしいんじゃなくて?」

Grizelda 「そうだそうだ、あんたいい事言うよ!」
Grizelda 「言ったね!」
Grizelda 「出てきな!」
Grizelda 「ほらほら」

Purefolezz「私にはこれがあるのだから」
Grizelda 「どうしたんだい!」


M20050609_15.gif

Purefolezz「*懐から薬を取り出し、飲み干した*」
Grizelda 「震えて出て来れないのかい!」


そして、薬を飲み干したピュアフォレズ魔女さんの姿が次第に変化してゆきます…
驚愕の効果とは、一体…?!


というところで、続きます。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/11(土) 01:32:04|
  2. GM(Seer)イベント|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<乙女の愛の夢 = 3 = | ホーム | 天使様のお筆先>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://honeyb.blog6.fc2.com/tb.php/97-b4f1e474

Wilhelmina

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

"(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved."
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。